写真洗浄の活動には、とても息の長い期間が必要です。過去の国内災害においては、数年単位の活動となりました。そこで最後の1枚まで無償できちんと責任を持って写真をお返ししていくために、「長野写真洗浄プロジェクト」では、ご寄付の募集を行っています。

1、書き損じハガキや未使用切手の収集

年賀状で書き間違えたハガキなど未使用の官製ハガキを集めてアイキャンに送っていただくことで、アイキャンが実施する長野の復興活動に役立てることができます。

■募集しているもの
未投函の官製ハガキ、未使用の切手、未使用のテレフォンカード、商品券、収入印紙
※ハガキは、未投函の官製ハガキ(切手を貼らずに投函できるもの)であれば、書き損じのものや古いものでも構いません。年賀でなくても、官製ハガキ(切手を貼らずに投函できるもの)であれば、問題ありません。
※切手は「未使用」であれば、ハガキに貼ってしまったものでも、古いものでも構いません。
■募集していないもの
投函済のハガキ(一度投函して戻ってきたものも含む)、官製ハガキではないハガキ(切手を貼る必要がある絵葉書等)、使用済切手等

■どうやって活動費になるの?
お預かりさせていたハガキは郵便局で切手に交換させていただき、その後、切手のご寄付等と合わせて、換金させていただきます。換金後に、長野の復興活動に使用させていただきます。

■郵送について
そのまま封筒に入れて、郵送していただけますと幸いです。(お手数ですが、氏名、住所、連絡先の記載をお願いいたします。)お礼状やご報告をお送りさせていただきます。また、事務所にそのままお持ちいただくことも可能です。長野復興用のご指定の場合、必ず「長野復興用」又は「長野用」と記載をお願いします。記載がない場合は、アイキャンの活動で、長野の復興を含め、イエメンやフィリピン、ソマリア、ジブチ等のその時に最も必要とされている活動に活用させていただきます。

■送付先・問い合わせ先■
認定NPO法人アイキャン
460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目5-4矢場町パークビル9階
TEL&FAX: 052-253-7299
MAIL: info@ican.or.jp
対応時間:火曜日~土曜日のお昼12時から19:30まで
※可能な限り被災地の拠点事務所での事務作業を軽減するために、送付先は名古屋の本部事務所としておりますが、長野事務所(長野県長野市大字赤沼551−14:火曜日~木曜日9:00~15:00)に直接お持ちいただいても構いません。

■個人情報について
以下の方法により、個人情報の保護をお約束しています。
1)書き損じハガキ等に記載されている個人情報の保護について
(1) ご郵送前に黒塗りをしていただく。
(2) 団体に黒塗りなしに送付していただいた場合も、事務所内に厳重に保管させていただくとともに、直接責任を持って郵便局にもっていきますので、ご安心ください。
2)寄付者の個人情報の保護について
(1)寄付者の個人情報は厳重に管理しており、第三者に提供することはございません。団体としても、寄付者へのお礼やご報告以外の目的で使用することはございません。(個人情報保護法に基づく、裁判所からの要請等の対応は、法律に準じます。) ※ご報告等が不要な場合は、「匿名希望」としていただくことも可能です。ご不明な点がございましたら、お気軽に事務局にお問い合わせください。

■書き損じハガキ回収箱
職場や学校、サークル等で「書き損じハガキ回収キャンペーン」に取り組んでくださる方を募集しています。回収箱は独自に作っていただいて構いません。

2、活動資金のご寄付

継続的に活動を行っていくために、アイキャンでは広くご寄付を募集しています。長野の復興の指定寄附の場合は「19号緊急救援募金」を、アイキャンの活動全般に継続的に毎月ご寄付いただける場合は、「マンスリーパートナー」をご選択ください。

ご寄付には3つの方法があります。

1)事務所に持ってきていただく
アイキャンの長野事務所、又は名古屋の事務局に直接お持ち下さい。

2)クレジットカード
こちらの決済ページへお進み下さい。

3)クレジットカード以外(現金振込等)
こちらの申込みページへお進み下さい。

アイキャンは「認定NPO法人」のため、寄附者に対して、税制面の優遇があります。

「認定NPO法人」とは?
 特定非営利活動法人(いわゆるNPO法人)の中で、国税庁の基準を満たし、特別に国税庁から認定を受けている団体を指します。通常のNPO法人への寄付に税制優遇がありませんが、「認定NPO法人」への寄付は、個人・法人ともに、税制優遇の対象となります。

【個人の場合】
税制控除の額:その年の認定NPO法人等への寄付合計額(※)-2,000円x40%
※所得税額の40%が上限
【法人の場合】
特別損金算入限度額の適用について?法人が認定NPO法人等に寄附をすると、一般のNPO法人に寄附した場合の一般損金算入限度額とは別に、別枠の特別損金算入限度額が設けてられており、その範囲内であれば損金の額に算入することが認められます。
1. 認定NPO法人に対する寄附金に係る損金算入限度額
資本がある法人(期末資本金の額×0.375%+所得金額※×6.25%)×1/2
2. 一般の寄附金に係る損金算入限度額
資本がある法人(期末資本金の額×0.25%+所得金額※×2.5%)×1/4
※所得金額=所得金額(当期純利益に税務調整をした額)+寄附金の支出額

詳しくは、内閣府のサイト「認定NPOへの寄付について」をご確認ください。

遺産(遺贈)や相続によるアイキャンへのご寄付も、申告期限内であれば課税対象外となります。詳しくは税務署にお問い合わせください。