実施体制

長野写真洗浄プロジェクトは、災害発生直後から長野市内松代東寺尾公民館や長沼穂保の災害ボランティアセンターでエリアマネージャーとして、ボランティアコーディネートや被災家屋の応急処置等を担ってきた認定NPO法人アイキャンが、全国の多くの仲間とともに実施しています。

主催:認定NPO法人アイキャン
協力団体:長野市災害ボランティアセンター、信州農業再生復興ボランティアプロジェクト実行委員会(農ボラ)、長野県NPOセンター、あらいぐま岡山、被災写真救済ネットワーク、被災地を写真でつなぐ実行委員会

長野写真洗浄プロジェクト拠点

認定NPO法人アイキャン

1994年設立。愛知県名古屋市に本部事務所、東京都、大阪府、長野県に事務所を構える日本生まれの国際NGO。紛争が続くイエメンやソマリア等での食糧提供や貯水施設の建設、アフリカジブチでの難民キャンプの運営、フィリピンの路上の子どもたちの児童養護施設等の活動を実施。日本国内では、教育機関での講演やSDGsの普及等に加え、NGO相談員(中部ブロック)としてのNGO経営や活動の相談対応、NGO外務省連携推進委員会NGO側副代表として日本のNGO全体の活動環境向上に努める。(2010年外務大臣表彰受賞)

認定NPO法人アイキャンホームページ

認定NPO法人アイキャンフェイスブック(最新情報)

活動拠点(アイキャン長野事務所)

長野市災害ボランティアセンターでの被災世帯の復興を優先するため、原則同センター開所日以外を、写真洗浄プロジェクトの開所日としています。同センターの活動予定により、今後開所日時は変わる可能性があります。

開所日時:火曜日~木曜日、9時~15時
住所:〒381-0001 長野県長野市大字赤沼551−14
電話番号:080-8168-6426

麺道夢幻赤沼店さんの隣(南側)、緑の「千曲園」の看板がある建物となります。